長崎県

県民のご意見を県政に反映した事例(H24年度)


2019年4月11日更新

 平成24年度(2012年度)にお寄せいただいたご意見やご提案を県の取り組みに反映させた事例を紹介しています。

[県へのご意見・ご提案ページへもどる]

  ご意見やご提案の内容 県の施策への反映状況
1

 「松山バス停」で乗車意思を見せていたのに長崎駅前行きリムジンバスが通過しました。乗せないならリムジンバスのページに「長崎駅前行きの長大裏門~宝町は降車のみの取り扱い」と記述するべきです。
 運転席の後ろの客席との境にビニールや、張り紙の裏紙や射光ネットを張ってあるのを見かけます。安全上の理由でないなら、設置する理由はないと思います。

受付日:2012年12月2日

 ホームページの表示については、平成25年7月より変更しました。
 運転席後の状況を確認したところ、ご指摘のとおりだったので、車内美化に努めるよう、すみやかに各営業所へ通知いたしました。

【担当所属:交通局】

2

 「旅する長崎学(たびなが)ふるさと写真館」の掲載写真についての情報を3点(長崎港イナサ、対馬・厳原、雨模様の長崎)送信しているが、1月以上たつのに文化振興課から回答がなく、内容も変更されません。県政広報の対応に問題があるのではないでしょうか。

受付日:2012年4月17日

 今回、3枚の写真について、ペンネーム「みさき道人さん」からの投稿ということで内容を掲載させていただきました。

【担当所属:文化振興課】

3

 県立総合体育館に子どものおむつ交換が出来るトイレを作って欲しい。受付の方に尋ねたら、キッズルームのようなところに交換用のベッドが1つあるということでしたが、普段は鍵がかかっており、来館者が誰でも使用できる状況ではありませんでした。

受付日:2012年5月13日

 幼児保育室内のベビーシートについては、鍵をかけているため使用しづらい面がありましたので、今後1Fの空きスペースに移動させ、パーテーション等を設置し、何時でも「おむつ交換」が出来るよう対策をとりたいと考えております。併せて、ベビーシート設置箇所がわかりやすい案内表示も行うようにいたします。

【担当所属:体育保健課】

4

 先日、県立総合体育館の料金表の間違いを指摘したところ、県から指定管理者とも調整を行い改善を図る旨の回答を得ていたが、いまだに訂正されていない。このように、指定管理者制度を導入した結果、利用者の利便を損ない、管理責任の所在が曖昧となったことは大きな問題である。

受付日:2012年6月21日

 大変遅くなりましたが、内容を更新しました。 いただいた問題点につきましては、県及び指定管理者ともども制度導入の意義を再確認し、今後は利用者の方々にご迷惑をおかけすることがないよう努めてまいります。

【担当所属:体育保健課】

5

 県立総合体育館は、県と指定管理者との責任の所在があいまいで、利用者本位の管理・運用がなされていない。
 バドミントンを2時間一般使用した時に体育館では1,340円徴収されるが県の当該予約の詳細ボタンを押した時に金額は760円と表示される。県のホームページには一般使用の料金表が掲載されていない。

受付日:2012年8月24日

 実際にお支払いいただく金額は、使用料に照明代を含めた額となりますが、予約システムでは照明代が含まれない額で表示する設定となっておりました。予約システム上で照明代加算後の金額表示が難しいことから、実際の支払額が確認できる料金表を参照していただくように表示を変更しました。
 また、一般使用の料金表を、利用者がわかりやすい表示に改めました。

【担当所属:体育保健課】

6

 片淵丸尾・水源地跡→諏訪神社前・中央橋(右回り)の早発があまりにも多すぎます。改善できるのであればすぐにでも改善していただきたい。

受付日:2012年9月10日

 早発につきましては、日頃より運転士に対して厳しく指導しているところですが、ご指摘を受けて、早速注意喚起を行いました。

【担当所属:交通局】

7  

 ホームページでオクトーバーフェストの前売りチケットがあることを知り購入して行きましたが、ビールが1,000円分、フードは長崎のものだけしか使えないチケットで驚きました。ホームページにはその内容は一切書かれていませんでした。

受付日:2012年9月21日

 

 昨年度まで、長崎の食ブースを含む形でオクトーバーフェストとして開催していましたが、運営のあり方について見直した結果、平成25年度より、ビールとドイツフードに特化した「長崎オクトーバーフェスト」として、民間事業者が開催し、長崎の食ブースについては、出島三角広場の「長崎食べて・飲んでみんね祭」会場に移し開催し両会場共通のチケットについては廃止しました。今後チケット制を再開する場合には、使い方についてわかりやすい情報の提供に努めていきます。

【担当所属:観光振興課】

8  

 鳴鼓トンネルと京泊までの区間の道路について、「車間距離注意」の表示が消えかかっているため、工事の際きちんとして欲しい。
 また、車間距離の注意とトンネル内追い越し禁止の徹底をお願いします。

受付日:2012年10月2日

 

 鳴鼓トンネルと京泊までの区間の道路では、車間距離の保持を促すため、あえてトンネル内の路面に「車間35m」の標示を行っていますが、すり減って見えにくい状態になっていました。ご意見のとおり車間距離の注意は必要と考えられますので、平成25年1月に塗り替えを行いました。
 「トンネル内での追い越し禁止」については、道路交通法により禁止されており、鳴鼓トンネル内も例外ではなく追い越し禁止です。なお、鳴鼓トンネル以外の京泊までの区間は、全線「追越のための右側部分はみ出し通行禁止」の交通規制がなされています。

【担当所属:長崎港湾漁港事務所】

9  

 書類を県へ提出する際よく思うのですが、文書の最後に担当部署名や電話・ファックス番号は記入してあっても、県庁(または保健所)の郵便番号、住所が書かれていないことがよくあります。書類の提出を求める文書には、必ず郵便番号と住所をいれていただくようお願いしたいです。

受付日:2012年10月2日

 

 行政サービス向上の観点から、県に書類の提出を求める通知文書には、担当部署名や電話・ファックス番号に加えて、必ず送付先の郵便番号・住所まで記載するよう、各所属に通知しました。

【担当所属:総務文書課】

10

 長崎市滑石にある県職員住宅に居住者がいなくなって久しいのですが、違法駐車や近所の子ども達が建物に侵入して溜まり場にするなどの様子がうかがえます。近隣トラブルなど影響が出ないうちに敷地への侵入を防ぐなどの対策を検討していただけないでしょうか。

受付日:2012年10月27日

 当該職員住宅については、現在、有効活用を検討中です。また、当該職員住宅については、近隣住民の皆様へご迷惑とならないよう、立ち入り禁止等の措置を行いました。

【担当所属:管財課】

11

 ○○線街路改良工事において、公務員住宅の前の道路を工事中ですが、警備している者が住宅敷地内で立小便をしていました。工事監督はどうなっているのでしょうか。

受付日:2012年11月23日

 ご指摘を受け、直ちに工事監督者である県北振興局より事実を確認させ、当該施工業者へは厳しく指導を行いました。また、○○線街路改良工事を請け負っている全ての工事施工業者に対しても同様の指導を行いました。

【担当所属:都市計画課】

12

 23時頃に1歳6ヶ月の息子が階段から落ち、下の歯が1本抜けてしまいました。小児救急電話相談センターの助言は、「一度抜けた歯はつかない。この時間に開いている歯科の情報がない」ということでしたた。あきらめきれず見つけた県医療政策課のHPに書いてあった「休日救急歯科医療体制について」を開き、夜間受付け番号に電話しましたがつながりませんでした。あらためてネットで検索した大学病院にようやくつながり、「抜けた歯を牛乳かスポーツドリンクに浸けて病院へ」と言われ、処置をしてもらったのは、事故発生から1時間以上経ってのことでした。
 小児救急電話相談センターで「牛乳に浸けて大学病院へ」というアドバイスをしていただけると、助かる方も増えるのではないかと思います。
 国・県・市と、区分が違うこともあり、一元的にはいかないと思いますが、「事故が起きた際にどうすれば早く正確な情報・処置を得られるか」という観点で情報提供体制を見直し、連携の強化をお願いしたいと、今回強く思いました。

受付日:2012年12月2日

 小児救急電話相談センターの資質向上については、今回ご指摘いただいた内容を相談センターに通知いたしましたので、今後、歯が抜けた(歯牙脱臼)場合の相談にも適切な対応ができるものと考えております。
 また、ご指摘を踏まえ、長崎大学病院と協議を行い、平成25年1月より同院の歯科救急診療体制について、県庁ホームページでも案内しています。

【担当所属:医療政策課】

13

 西山台団地経由の循環バスの系統番号について、左回りは三原団地を経由するかで系統番号が違いますが、なぜか右回りは実際に方向幕では4番を表示しているのに、時刻表上では三原団地を経由しない便も6番(または12番)になっている便があります。
 たとえば、一本木→本原教会前で検索すると、6番循環は、三原団地を通らない便についても、経由欄に三原団地と書かれていて、これでは誤乗につながると思うのですが。時刻表上で、三原団地を経由しない便を、6番→4番、12番→10番にできない理由があるのでしょうか。

受付日:2013年1月5日

 時刻表については、ご指摘のとおり、三原団地を経由しない便と経由する便とが同一の欄に記載されていましたので、平成25年4月ダイヤ改正において、欄を区分して記載するなど改善いたしました。

【担当所属:交通局】

14

 長崎歴史文化博物館で企画展「長崎ゆかりの浮世絵・古写真―エキゾチックジャパンへの旅」が開催され、共催の長崎大学附属図書館などが所蔵する古写真から、当時の長崎・横浜を撮影した貴重な古写真数十点も展示されています。展示の古写真は、相変わらず解説の間違いが多いです。5点以上、疑問を指摘しました。出品資料リストも不備があり、学芸員へ改善を要望しました。
 市外からの来訪者も多く、こういった公開の企画展は、両者良く研究を深め協議して、観覧者に誤解を与えないよう正しい展示をお願いします。

受付日:2013年1月7日

 ご指摘いただいた内容については早急に事実確認を行い、確認できたものから順次改善するよう長崎歴史文化博物館に伝えました。
 観覧料をいただいて実施している展覧会であることを再認識し、正しい展示説明に努めるよう指導いたします。

【担当所属:文化振興課】

15

 教会群のアピールと観光,販路拡大を目指すならば、キリスト教国家である「フィリピン」を始め東南アジアに傾注すべきではないでしょうか。

受付日:2013年1月22日

 フィリピンに対しては、平成24年12月に県観光連盟が現地で開催された旅行フェアにおいてPRを行いました。
 なお、巡礼の観点から韓国に対し積極的に実施しており、平成25年5月のソウル事務所開設レセプションでもPRを行いました。また、8月に訪問した東南アジアでもPRを実施しました。

【担当所属:世界遺産登録推進室】

16  

 中国から飛来する大気汚染についての情報公開をする予定はないのでしょうか。他の九州各県はHPで情報公開をされているところもあります。長崎県は他のどの県よりも大陸に近く、より大気汚染の被害を被る可能性がある位置にあります。にもかかわらず、直ちに健康被害がないと言う理由で情報を公開しないのはどうでしょうか。
 日によっては国が定めた基準値を上回る汚染状況もあると聞いており、呼吸器に疾患のある者、またその家族にとっては命に関わる重大な状況が続いております。
 是非、早急に日々の汚染状況、予報などを県のHPで公開していただきたいと思います。

(同様の意見が他に6件ありました)

受付日:2013年2月6日

 県では、大気汚染に関する物質として、PM2.5をはじめ、光化学オキシダントや浮遊粒子物質などの測定を行い、大気環境の監視を常時行っております。
 PM2.5につきましては、平成25年3月13日より県のHPでのリアルタイム公開を開始いたしております。また、国のHP「そらまめくん」でも本県の測定値を公開しておりますので、ご参考にしてください。
 現在、高濃度のPM2.5が観測される可能性がある場合は、国の暫定指針に基づき注意喚起を発表できるよう監視体制を取っており、今後とも県民の皆様へのお知らせ等、適切に対応してまいります。

【担当所属:環境政策課】

17

  鐡橋付近の排水溝について、「県の方で現地を調査し、雨天時に再度どういう状況なのかを確認する。また、今後、路面の沈下や排水溝の詰まりにより、水溜まりが発生しないよう、歩行者が歩きやすくなるための抜本的な対策を講じる予定である」との回答を得ていたが、その後一度程度しか清掃されていません。今年1月頃にはほぼ網が塞がっていました。
 今月ぐらいになって、近所の方がしたのか、下段部分のみ清掃して排水ができるようにしてありました。この場所は観光客も多く通ると思います。恒久的対策をお願いします。

受付日:2013年2月9日

 ご指摘いただいた場所については、舗装面の沈下により水溜りが発生しやすくなっていたことから、平成24年6月に沈下防止の工事を実施し、水溜り対策を行っております。
 しかしながら集水枡については、歩道上であることからハイヒール等が挟まらないよう細目のグレーチング蓋を設置している状況であり、ゴミや土による目詰まりが発生しやすいことから月1回のパトロールにて点検・清掃を実施しておりました。
 歩行者の快適な通行を確保するため、平成25年3月より、点検・清掃の頻度を週1回に増やしました。

【担当所属:道路維持課】

18

 PM2.5の速報値について、リアルタイムの公表はいつから実施されますか?熊本や福岡では既に実施中なので長崎の対応の遅れが目立ちます。観測地点の数でも長崎の少なさが際立っています。観測地点の拡充とリアルタイムの公表を早急に実施して下さるよう切に願います。

受付日:2013年3月5日

 PM2.5につきましては、平成25年3月13日、県のホームページで測定値のリアルタイム公開を開始いたしました。また、注意喚起に係る本県の対応方針を策定しましたので、高濃度のPM2.5が発生する可能性がある時は防災行政無線等を通じて、皆様にお知らせできることとなりました。なお、観測地点につきましても、新たに県内12箇所で測定が開始できるよう準備を進めております。

【担当所属:環境政策課】

19

 空港リムジンバスは、乗車のみ、降車のみのバス停があるようですが、ホームページなどにも記載がありません。正しく記載して下さい。

受付日:2013年3月19日

 ホームページの表示については、平成25年7月より変更しました。

【担当所属:交通局】

20  

 長崎県庁玄関前正面に、長崎県名誉県民北村西望翁より百歳慶賀に際し、昭和58年県に寄贈された彫塑作品「獅子吼」があります。手前の植え込みが茂り過ぎて、作品名の銘板や台座が見えません。歳月が経つと粗末に扱われているように感じます。手前の植え込みは不要ではないでしょうか。作品全体を鑑賞できるよう配慮をお願いします。

 「獅子吼」像回りの、加津佐町から移植された「孝子ソテツ」も、樹齢360年以上となる長崎らしい巨樹名木と思います。Go!Go!ともっち!- ながさき旅ネットでも取材して広報し、ぜひ記録として残しておいて下さい。

 (県ホームページの)「これまでに寄せられたご意見」は、何か掲載基準があるのでしょうか。私が過去に意見した事項がまったく掲載されません。長崎県にとって不都合な意見は載せないようでは、情報公開制度の趣旨に反します。私は非難や中傷ではなく、建設的で具体的な意見をしているつもりです。県民の人にもぜひ読んでいただきたいので、過去に遡ってぜひ掲載をお願いします。

受付日:2013年3月20日

 「獅子吼」像については、毎年1回程度、庁舎内緑地の剪定等を行っているところですが、植え込みの茂りにより確かに銘板が見えない状態でした。植え込みについては、景観のほか、いたずら目的の侵入防止の効果もあり、無くすこと自体は難しいと考えますが、皆様から愛されているこの作品を鑑賞したいとのご意見を踏まえ、全体が鑑賞できるように剪定等を行いました。

【担当所属:管財課】

 

 現在、観光振興課においては、「ながさき旅ネット」や「観光情報ブログGo!Go!ともっち!」等において、県内の観光情報を積極的に発信しているところです。特に、「観光情報ブログGo!Go!ともっち!」は、長崎在住者だからこそわかる地元の魅力を発信することを主目的としており、ご提案いただいた内容は、まさにこのブログの趣旨に沿ったものであると考えておりますので、「孝子ソテツ」に係る情報について発信させていただきます。

【担当所属:観光振興課】

 

 県ホームページに掲載している「これまでに寄せられたご意見」については、いただいたご意見のうち1件について、掲載漏れがありました。掲載漏れの分については、直ちに掲載しました。

【担当所属:県民センター】

 

[県へのご意見・ご提案ページへもどる]

このページの掲載元

  • 県民センター
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-894-3441
  • ファクシミリ:095-826-5682
先頭に戻る

メニュー