長崎県

県民のご意見を県政に反映した事例(H25年度)


2019年4月11日更新

 平成25年度(2013年度)にお寄せいただいたご意見やご提案を県の取り組みに反映させた事例を紹介しています。

[県へのご意見・ご提案ページへもどる]

  ご意見やご提案の内容 県の施策への反映状況
1

 県への提言や知事への提言のページは月別表示しかできないため、大変閲覧しにくいです。分野別だけでも全て表示できるようしてもらえないでしょうか。

                                                                  受付日:2013年4月8日

 平成25年8月の県公式ウェブサイトリニューアルにあわせ、「知事への提案」「県へのご意見・ご提案」の入力フォームを分かりやすく表示するとともに、これまでに寄せられた意見と回答を分類別に紹介することにより、ホームページ閲覧者が検索可能となるよう改修しました。

                                                                     【担当所属:県民センター】

2

 長崎県公式ホームページに、リンクバナーを置いてはどうでしょうか。なお、他県の多くでは、既に実施しています。もし可能なら、長崎県もこれに追随した方が良いと考えます

                                                                 受付日:2013年4月10日

 リンクバナー掲載については平成26年度中に実施します。

【担当所属:広報課】

3

 中国鳥インフルが報道され、他県では大々的にホームページに掲載され注意を呼びかけていますが、長崎県では見当たりません。県の危機感が感じられなく、大変残念であります。

受付日:2013年4月30日

 平成25年4月4日に県ホームページに鳥インフルエンザA(H7N9)の情報と予防対策等を掲載するとともに、県内の医療機関へ情報提供を求める患者要件に該当する場合には報告を求め、情報の収集を図っていますが、ホームページへのアップの仕方に「アクセスのしやすさ」という点から配慮が欠けていたことを反省しております。
 ご指摘を踏まえ、早速、平成25年4月30日、トップページにアップしました。

【担当所属:医療政策課】

4

 現在対馬市には、PM2.5を測定する装置がありません。なぜ、中国に一番近いところを測定しないのでしょうか。費用等の問題もあると思いますが、必要であれば当然作るべきではないでしょうか。検討をお願いします。

受付日:2013年6月18日

 PM2.5については、既に測定を実施していた3箇所に加え、自動測定機が設置されていなかった対馬市を含む8箇所の大気測定局に自動測定機を設置し、平成26年1月から常時監視を実施しています。
  これらの測定値は県のホームページで公表しており、また、各地域ごとに注意喚起を行うことが可能となりました。

【担当所属:環境政策課】

5

 運休中の「長崎-ソウル(インチョン)」間の定期空路は7月24日から、コリアンエアの子会社であるジンエアーが引き継ぐことになりましたが、予定では水・金・日の週3便となっています。金曜日の分を日曜と同じ時間に移動していれば邦人利用率はもう少し増えると思います。仮に増便するのであれば、土曜日の午前中が望ましいでしょう。

受付日:2013年6月24日

 平成26年7月に中村知事が訪韓の際にジンエアーの馬代表理事と会談し、増便を要望した結果12月1日から毎日運航することとなりました。

【担当所属:新幹線・総合交通対策課】

6

 九州新幹線西九州ルートはどのようなルートになるのか長崎県のHPで調べますと、字も細かく、内容が明確では無く現在の地図での主要な場所との関連も分からないような図面です。是非とも武雄温泉と長崎間がA4、1ページぐらいの詳細な地図をHPにて公開して頂くようお願いします。

受付日:2014年2月3日

 ホームページ上で公開可能なデータ容量の上限は10MBであること、県内のブロードバンド普及率(高速インターネット網の整備)は低く、理想はデータ容量を3MBまでに抑えること、以上2点を広報課に確認しました。
 当課で保有している当該ルート図のデータ容量は13MBでしたが、その後の編集作業で、可能な限り文字が鮮明に表示されるようにしたままホームページ上で公開できる容量にまで圧縮した上で、平成26年6月16日から、ホームページ上で公開しております。

【担当所属:新幹線・総合交通対策課】

7  ○○店舗で、未成年少年コミックのすぐそばに成人18禁コミックが置かれています。
 幼い子どもたちに影響が出ると思い当該店舗の意見箱にも投稿しましたが、改善されません。
 幼い子どもたちの目に触れやすい場所に設置されていてモラルを疑いました。

受付日:2014年2月28日

 

 平成26年3月5日に当該店舗のフロア責任者立会いのもと、長崎県少年保護育成条例に基づく立入調査を行い、確認いたしました。
 立入調査の結果、
 ○ 成人向けコーナーを設置しているものの、同コーナー以外にも有害図書類が陳列され、販売されている。
 ○ 店員の死角となる箇所にも成人向けコーナーが設けられている。
 などの問題点が確認されました。
 県といたしましては、責任者に対して問題点を説明の上、概ね1か月以内に改善するよう指導し、後日、改善されていることを確認しました。
 また、コミック以外の同店のすべてのフロアにおいて、有害図書類が少年の目に触れないようにするため区分陳列や従業員教育を徹底するよう、併せて指導しております。 

【担当所属:こども未来課】

8   中央橋信号機の横の地名標識について長崎市は観光都市であり、ここはどこなのかを分かるようにするためにも積極的に設置していただくようお願いします。

受付日:2014年3月4日

 

 信号機の地名標識については、現地状況を確認の上、必要性があり、設置可能なものから、進めていく予定です。

【担当所属:道路維持課】

9    昨日、県税事務所へ出向いたところ受け付け近くの若い女性の職員が机にジュースを置き、お菓子をほおばりながら仕事をしていました。仕事中にそういった態度でいいのでしょうか。若い職員の教育はどうなっているのでしょうか。
 月に一度県税事務所へ行く知人に話したところ、知人が行くときも毎回お菓子を食べ、ジュースを飲みながら仕事をしているそうです。県職員としてというよりも大人としての自覚はあるのでしょうか。その職員への指導をお願いします。

受付日:2014年3月13日

  ご存知のとおり、私たち地方公務員は職務に専念する義務があり、そのことについては、研修等をとおして日頃から職員に指導しているところであります。
 今回、ご指摘いただきました県税事務所(振興局税務部)の若手職員がジュース、お菓子を飲食しながら業務をしていたということについて、当該職場には、今後は県民の皆様に不快な思いをさせることがないよう、十分気をつけて業務に当たるよう改めて指導いたしました。

【担当所属:税務課】

 

[県へのご意見・ご提案ページへもどる]

このページの掲載元

  • 県民センター
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-894-3441
  • ファクシミリ:095-826-5682
先頭に戻る

メニュー