長崎県

県へのご意見・ご提案[平成30年度 交通・運輸]


2019年7月22日更新

 平成30年度(2018年度)にお寄せいただいた「県へのご意見・ご提案」のうち、「交通・運輸」に分類されるものを紹介しています。
 ご意見やご提案の内容については、趣旨が変わらない範囲で要約することがあります。

[県へのご意見・ご提案ページへもどる] 

 

 目次  

博多と佐世保間の特急みどりについて

意見・提案
内容等   

 新幹線問題で、博多、佐世保間の直通特急みどりが廃線になるかも知れないとの事ですが、佐世保、平戸生月、新上五島町、宇久小値賀方面の住民の足を奪うのですか。
 高速バス等充実している博多と長崎間に、長崎新幹線は本当に必要なのでしょうか。
 それよりも、佐世保方面の交通網を何とかしてほしいと思います。

受付日:2019年2月4日 [県内 50代]

県の回答 【回答課:新幹線・総合交通対策課】
 この度は、県へのご意見をいただき、ありがとうございます。まず、九州新幹線西九州ルートの必要性についてご説明いたします。
 少子高齢化等により人口が減少傾向にある中、交流人口の拡大により多くの方々に長崎県を訪れていただき、将来にわたり活力ある地域づくりを進めることは大変重要なことであります。
 このため県としては、新幹線整備を推進しており、現在、2022年度の暫定開業に向けて、武雄温泉から長崎間の整備が進められております。さらに、新鳥栖から武雄温泉間についてもフル規格で整備することを政府・与党に求めているところであり、整備が実現すると西九州ルート本来の姿である山陽新幹線への直通運行が可能となり、本県と中国圏(人口:約750万人)や関西圏(同:約2,000万人)とが新幹線ネットワークで結ばれ、大変大きな整備効果が期待されております。
 次に、全線フル規格整備に伴う在来線についてご説明いたします。現時点でJR九州からは、並行在来線(新鳥栖から武雄温泉間)の経営や特急みどりの運行についての考えは示されておりません。しかしながら、同区間は佐世保線だけでなく長崎本線や唐津線とも結ばれており、仮にJRから経営分離されると在来線ネットワークに影響が生じる可能性があります。このため県としては、国等に対して、引き続きJRによる経営が維持されるよう求めているところであります。
  さらに、佐世保線の輸送改善に向けては、県と佐世保市が共同して調査を行い、JR九州も交えて検討を進めているところであります。
 今後とも、県内交通網の充実に努めてまいりますので、ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。
 

目次へもどる

 

九州新幹線西九州ルートについて

意見・提案
内容等   

  マスコミなどでも報道されている九州新幹線西九州ルートの2022年長崎から武雄温泉間の先行開業、武雄温泉駅での在来線特急(みどり)号乗り換えにより、佐賀・博多方面へリレーする方式が検討されていますが、私は数十分の時間短縮のために、武雄温泉駅でのリレー方式の乗り継ぎは、現行の特急かもめ号より、不便であると思います。
 そこで、長崎県・佐賀県に提案したいと思うのが、フル規格で建設が進む、長崎から武雄温泉間を当面の間、在来線の車両が走れるように一部仕様を変更し、博多から長崎間に新型の在来線特急型車両を製造し、長崎から武雄温泉間の区間をスーパー特急扱いとして、最高速度160Km/hから180Km/hを出せる車両を投入し、博多から長崎間の所要時間短縮を図った方が良いと思います。現に、在来線の車両でスーパー特急タイプの160Km/hを出せる車両はJR西日本、京成電鉄がありますが1067mmゲージの在来線規格の車両では、JR西日本が所有しています。かつて、新潟県の越後湯沢駅と石川県の金沢駅を運転した特急はくたか号も、新潟県内にある北越急行線にて、160Km/h運転をしてきた実績もあります。なので、技術的には問題ありません。運行を担当するJR九州や佐賀県とも協議して、スーパー特急タイプの車両を投入して武雄温泉駅での乗り継ぎによる不便をなくしてほしいと思います。武雄温泉から長崎間で160Km/h、武雄温泉−博多間で130Km/h運転を行えば博多−長崎間の所要時間は90分から100分程度で結べると思います。
 長崎本線は肥前山口から諫早の間は線形が悪く、スピードがあまり出せない区間であると感じますが、新長崎本線として新線建設として、武雄温泉から高速新線という形で長崎まで開通させるのならば、一定の効果はあると思います。しかしながら、所要時間短縮があまり見込めないため、九州新幹線西九州ルートとして、新鳥栖まで開通させても費用対効果の面からあまり効果が無いと思います。整備新幹線は国税も一部が投入されることから、沿線自治体のみならず、日本国民全体にも関係する問題でもあります。個人的には、長崎新幹線をフル規格、新鳥栖まで開通させることは税金の無駄使いであると思います。せっかくなら、武雄温泉までの建設で終了にした方が、税金の無駄使いにならないと思います。佐賀・長崎の両県が関係することなので、佐賀県にも九州新幹線西九州ルートは武雄温泉で工事を終えることを提言した方が良いと思います。

受付日:2018年12月25日 [県外 30代]

県の回答 【回答課:新幹線・総合交通対策課】
 このたびは県へのご意見をいただきありがとうございます。
 ご提案がありました九州新幹線西九州ルートについてご説明させていただきます。
 西九州ルートは、平成34年度に対面乗換方式により武雄温泉から長崎間が開業することになりますが、本県としては、未整備区間である新鳥栖から武雄温泉間についてもフル規格で整備することを国等に対して求めているところであります。国の試算によると、全線がフル規格で整備された場合の時間短縮効果は、博多から長崎までの所要時間が最速約51分で、現行特急かもめの最速と比較して半分以下となり、新大阪から長崎間については直通運行により約3時間15分で結ばれることが見込まれております。さらに、整備による投資効果は3.3、収支改善効果は年間約88億円とされており、投資額を大きく超える効果がもたらされること、多くの需要が喚起され収益性が高いことが明らかになっております。
 なお、平成23年にフル規格で全線開業した鹿児島ルートでは、関西・山陽との流動が開業前と比較して1.3倍から2倍増加するなど、顕著な開業効果が現れております。
全線フル規格については費用負担や並行在来線等、様々な課題があることは認識しておりますが、100年後の西九州地域の未来を考えると、新幹線の整備は必要不可欠な事業であると考えておりますので、ご理解、ご協力をいただきますようお願いいたします。
 

目次へもどる

 

 

県営バス運転手の対応について

意見・提案
内容等   

  県営バスでスマートカードのチャージを運転手にお願いをしましたが、信号が青に変わったため断られ、赤になったときに再度チャージのお願いをしました。
 その際にチャージの手順が分からなくて困っていると、「お金入れてください、チャージしたことないんですか。」と強い口調で怒られました。とても悲しい気持ちになりました。
 初めてチャージするわけでもないのになんで手順がわからないのかとイライラする気持ちわかります。しかし、運転手は人を相手にサービスを提供する仕事です。もう少しお客様のことを大事にしてほしいです。
 このように県営バスに乗って悲しい気持ちになったのは、初めてではありません。これからバスに乗る時ためらってしまいます。
 どうぞ、気持ちよくバスが利用できるように改善をお願いします。

受付日:2018年12月4日 [不明 20代]

県の回答  【回答課:交通局 育成・指導課】
 日頃より、長崎県営バスをご利用いただき誠にありがとうございます。
 また、今回は貴重なご意見をいただき、重ねてお礼を申し上げます。
 この度は、乗務員の態度と対応により不愉快な思いをお掛けしたことに対しまして、誠に申し訳なく心よりお詫び申し上げます。
日頃よりお客様の立場に立った接客、接遇及び対応に努めるよう指導しているところですが、このような乗務員がいたことにつきましては、私どもの指導力不足と痛感し重ねてお詫び申し上げます。
 なお、県営バスでは全車にドライブレコーダーを装着しており、当該乗務員には個別指導をしたいと考えており、○○様には大変ご面倒ですが具体的な日時、場所等をご教示いただければ幸いでございます。
 今回の件については、全ての乗務員に対しましてもサービス業としての基本を再度認識し、お客様に不快な思いをさせることがないよう指導させていただきます。
 今後とも、皆様に愛され親しまれる県営バスを目指して努力してまいりますので、これまで同様ご利用いただきますようお願い致します。

目次へもどる

 

県営バスの運転について

意見・提案
内容等   

 右折での駐車場への進入を待っていたところ、バス側の信号が赤になったので、ちょっと停まってくれれば進入出来るのに、こっちを視認しながらわざわざ入り口を塞ぎました。譲ってくれなかったというよりは嫌がらせです。
 県営バスは以前から自分は譲ってもらわないとクラクションを鳴らしますが、人には一切譲りません。
 バス同士は平気で譲り合い道路を占拠します。渋滞する時間帯は走り易くするためにバス停の枠へ左に寄せず、道の真ん中に停めて追い越し出来ないように塞ぎます。赤信号でも平気で進行しますが、他の車が赤に変わるタイミングで入り込まないよう、青にならないうちに発進します。入り込まれたらマイクで叫びたてるなど、長崎バスと比べて非常に質の悪さが目立ちます。
 さて、11月28日、20:30過ぎに五島町の大波止方面のバス停に県営バスが停車していました、
 私が五島町の交差点を金屋町方向へ左折するため、第二通行帯から左へ進路変更する際に、発進したばかりの県営バスの前に割り込む格好になり、県営バスからパッシングを受けました。
 バスは危ないと主張したと思いますが、私はバスが発進してはいけないと思い第二通行帯から左へウインカーをつけ、充分に追い越してから左折しましたが、バスが思った以上にスピードを出していたのだと思います。
 ホテルニュー長崎前の長崎駅バス停や郊外向けの浦上駅前のバス停はバス停の場所柄どうしても、第二通行帯からバスを追い越して左折で駅に進入する車がいますが、その左折の車へわざわざバスを進めてクラクションを鳴らすケースを良く見かけます。
 自分が停まっていた場所を考えれば、発進にあたり第二通行帯を確認し、駅への左折車へは配慮するのが当たり前だと思います。
 公共交通機関とはいえ、往来で収益を得ている事業者であり、一般車の通行を妨げない努力があって当たり前のはずが、バスは最優先だといわんばかりに、傍若無人に振る舞う運転手だらけです。
 運転手の方の行動は改善されないようなので、バス停を移動または廃止してください。
 五島町(大波止方向)、長崎駅前(ニュー長崎前)は、廃止しても問題無いと思われますし、浦上駅前(郊外向け)は駅内にバス停を設けるなりバス停での改善の余地が充分あると思います。

受付日:2018年11月29日[県内  50代]  

県の回答  【回答課:交通局育成・指導課】
 この度は、当局乗務員の運行に関するご指摘をいただきお礼申し上げます。
 また、当局乗務員の不適切な運転操作や運転マナーの悪さにより、大変ご迷惑お掛けすることになり、心よりお詫び申し上げます。
 私ども、長崎県営バスでは日頃より全乗務員に対し、法令遵守の徹底及び運転マナーの向上、歩行者及び一般車両へは配慮した運行を行うよう指導、教育をしているにも係らずこのような乗務員がいたことにつきましては、私どもの指導力不足であることを痛感しており重ねてお詫び申し上げます。
 今回、ご指摘の五島町バス停付近での乗務員に対しましては、当該所属長を通じ、ドライブレコーダーの映像を確認しながら、安全走行はもとより、大型車両が他の車両に与える影響等について基本から厳しく個別指導をいたしました。
 また、今回のご指摘を教訓に、全乗務員に対しても交通法規の遵守に併せ、運転マナーの向上、バス停からの発車の際も、後方の安全を十分に確認したうえで発車するよう再度指導を徹底してまいりますので、どうぞ、これまで同様にお気づきの点がございましたらご意見、ご指摘を賜わりますよう、よろしくお願いいたします。 

目次へもどる

 

九州商船のフェリー予約システムについて

意見・提案
内容等   

 九州商船のフェリーは、往路と復路それぞれ1か月前からしか予約を受け付けません。
 往路の予約が取れても、復路の予約が取れないと当然帰れず仕事にも差し支えがでます。
 しかも、予約開始の9時から1分でも遅れたら、次電話が繋がった時は満車になっています。
 すぐに是正する様に指示して下さい。
 五島産業汽船が動かない以上、九州商船しか無いので、すぐに対処願います。

受付日:2018年10月22日[県内  50代]  

県の回答  【回答課:新幹線・総合交通対策課】
 九州商船には、今回ご意見いただいた内容をお伝えさせていただきますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
  なお、「鯛ノ浦から長崎」航路については、新たに設立された五島産業汽船株式会社により、10月19日から運航が開始されておりますので、申し添えます。 

目次へもどる

 

県営バスの運転について

意見・提案
内容等   

  8月17日17時頃、郊外から市内へ向かう道路が渋滞しているなか、長崎新地ターミナル前で、後ろからきた長崎県営バスが左側にある軌道敷内から抜いて、3台前の車の間に割り込んできました。
 片側一車線で真ん中に路面電車のレールがある道路です。一車線の道路で軌道敷内を通って追い抜きをしてもいいのでしょうか。これは、道路交通法違反ではないでしょうか。
 しかも、このバスは赤信号で、軌道敷内で信号待ちしていました。
 今回の事に関して、県としてどの様な対応をされるのかご回答ください。   

受付日:2018年8月20日[県内  30代]

県の回答 【回答課:交通局育成・指導課】
 この度は、長崎県営バスに対しまして貴重なご意見を賜りまして誠にありがとうございます。
 今回、当局乗務員の取った運転行動により、ご迷惑と不愉快な思いをお掛けしましたことに対しまして、誠に申し訳なく深くお詫び申し上げます。
 早速、車両搭載のドライブレコーダーの映像を確認いたしましたところ、ご指摘通りの映像を確認することが出来ました。
 当該乗務員がとった行動については、道路交通法違反であり、いかなる場合であってもこのようなことがあってはならず、ましてやプロのドライバーとしてとても恥ずべき行為であり、又、重大事故を引き起こすような危険な運転であることから、このことを重大な事案として取り上げ、当該乗務員へは、交通法規の遵守等、バス運転士としての基本から厳しく個別指導いたしました。
 また、今回のご指摘を教訓に、全乗務員に対しましてもより一層の交通ルールの遵守、運転マナーの向上に努めるよう、全営業所に対し再発防止のための周知徹底を図ることとします。
 今後とも、皆様に愛され親しまれる県営バスを目指し努力してまいりますので、ご意見、ご指摘を受け賜りますよう、よろしくお願いいたします。 

目次へもどる

 

新幹線建設について 

意見・提案
内容等   

  長崎県知事以下、周辺自治体、国や県の地元議員、各種団体により、当初フリーゲージトレイン導入を進め巨額の開発費をかけたあげくに断念し、フル規格に摩り替えており、はなはだ困惑と同時に怒りを感じます。
 建設ありきで物事を進め、技術を慎重に見分けずに、無計画に進めており見積が甘いと思う。
 多額の開発費を含め、税金を投じた失敗を誰も何も責任を取らないのはいかがなものでしょうか。

受付日:2018年8月6日[県内  40代]   

県の回答 【回答課:新幹線・総合交通対策課】
 この度は、県へのご意見をいただきありがとうございます。
 フリーゲージトレインについては、国において開発が進められ、度重なる試験を経て、平成23年10月、学識経験者等による国の軌間可変技術評価委員会において、「実用化に向けた基本的な走行性能に関する技術は確立されている」との判断がなされました。
 その結果を受け、九州新幹線西九州ルートについては、平成24年6月、フリーゲージトレインの導入により、山陽新幹線と相互直通し、新大阪まで乗り入れるという前提のもと、武雄温泉から長崎間の認可・着工に至っております。
 しかしながら、平成26年11月、耐久走行試験中に車軸の不具合が見つかり、国において様々な対策と検証が講じられてきましたが、未だ安全性・経済性の課題が解決に至らず、更には与党の検討委員会において、西九州ルートへの導入は断念せざるを得ないものとされました。
 西九州ルートは、平成34年度に武雄温泉駅での対面乗換方式により暫定開業しますが、今後、未整備区間の新鳥栖から武雄温泉間について、与党の検討委員会において、フル規格及びミニ新幹線の2つの整備方式の得失を総合的に検討した上でいずれかを選択する必要があるとされております。
 本県としましては、西九州地域の将来を見据え、西九州ルートの認可の前提である山陽新幹線への直通運行を実現するとともに、国の試算において、費用対効果、収支改善効果、時間短縮効果が最も高く、現在整備中の武雄温泉から長崎間のインフラを十分に活用できる最善の選択肢として、フル規格による整備を求めているところでありますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

目次へもどる

 

運賃箱に誤って多く投入した場合の対応について 

意見・提案
内容等   

  山里中学校前から中央橋まで県営バスに乗り、運賃が大人2人で合わせて340円で100円硬貨がなかったので、540円を母が運賃箱に入れてしまいました。
 すると、運転手さんは何度も強い口調で、釣りは出ない、ダメなんだを繰り返すだけだったので、後ろに降車するお客もたくさんいたので迷惑かと思い、釣りは要らないと言って降りました。
 確認しないで運賃箱に入れたことはこちらの不手際ですが、私どもの住む地域では運賃箱に入れればつり銭は出てくるので、母もそう思い込んでいたのだと思います。
 こうしたことは今まで起こったことはないのでしょうか。そうした場合、返金もしくはその他何らかの方法で対応することはできないのでしょうか。
 今後、私たちのような思いをする人がいないように、対処のご検討をお願いします。 

 受付日:2018年7月23日[県外 50代]  

県の回答 【回答課:交通局育成・指導課】 
 今回は当局運転士の不適切な対応によりご迷惑と不愉快な思いをお掛けしたことに対しまして心よりお詫び申し上げます。
 〇〇様のご指摘のとおり、各バス会社によって運賃箱のシステムが異なっており長崎県営バスではお釣りが出ないタイプになっています。
 今回のような場合については、理解を得られるような親切な説明と、その場での返金対応を行なうよう指導、教育を行っています。
 しかしながら、この乗務員にはこのことが出来ておらず、また接客、接遇もサービス業とはかけはなれた対応であり、このような乗務員がいたことは、大変恥ずかしいかぎりであり、指導する私共の指導力不足であるものと痛感しています。
 早速、当該乗務員へは、所属長、運行係長を通じ、お客様への対応等、接客、接遇及びサービス業としての在り方について改めて厳しく指導をするとともに、今後においても継続した指導を行っていくことで改善を図ってまいります。
 また、今回のご指摘を教訓に、全乗務員に対しても再度、指導・教育の充実を図ってまいりますので、ご来崎の際はご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
 なお、〇〇様へ差額運賃の返金をさせていただきたいと考えているので電話番号等の連絡先をメールにて返信をお願いします。 

目次へもどる

 

 九州新幹線西九州ルートについて 

意見・提案
内容等   

  もういい加減に新幹線は諦めたらどうでしょうか。
 たった20分かそこらの為に一体いくら金をつぎ込むつもりでしょうか。この関連のニュースを聞くたびに税金を払うのが嫌になります。
 今更中止はできないのは分かっていますが、これは長崎県政最大の失敗だと思います。

受付日:2018年7月19日[県内 50代]  

県の回答 【回答課:新幹線・総合交通対策課】 
 本県といたしましては、未整備区間である武雄温泉から新鳥栖間もフル規格で整備することを国等に対して求めているところです。国の試算によると、同区間のフル規格による投資効果は3.3、収支改善効果は年間約88億円とされており、投資額を大きく超える効果がもたらされること、また多くの需要が喚起され収益性が高いことが明らかになっています。
 特に時間短縮効果については、長崎から博多間の所要時間が最速約51分となり、現行特急かもめの最速と比較しても半分以下となり、長崎から新大阪間については約3時間15分で結ばれることが見込まれています。
 また、平成23年にフル規格で全線開業した鹿児島ルートでは、関西・山陽との流動が開業前と比較して1.3倍から2倍増加するなど、顕著な開業効果が現れています。
 全線フル規格については様々な課題があることは認識しておりますが、100年後の西九州地域の未来を考えると、新幹線の整備は必要不可欠な事業であると考えておりますので、ご理解、ご協力をいただきますようお願いいたします。  

目次へもどる

 

バス停での対応について 

意見・提案
内容等   

 18時25分頃諏訪神社前に停車した「フランシスコ病院前」行きのバスに乗車しようとしたところ、すぐにドアを閉められそのまま発進してしまい、乗車することができませんでした。大雨特別警報が出ていた中で、バス停には人が多く人を避けながら乗車しなければならない状況でした。そのような状況にも関わらず、なぜあんなに早くドアを閉めて発進しようと判断したのか理解ができません。
 バス車内も空いており、少なくとも私を含めて2人は乗車しようとバスのドアに向かって移動していました。バスに乗車しようとしている人がいるにも関わらず、乗車させないような運行は理解に苦みます。結局、雨が強まる中、1時間ほど待つことになりました。
 このような事実があったことを周知していただきたいと思います。

 受付日:2018年7月10日[県内 20代] 

県の回答 【回答課:交通局育成・指導課】 
  このたびはバス停での乗車取扱について、〇〇様をはじめ、他のお客様へは大変ご不便をお掛けし、不愉快な思いをなされたことに対して心よりお詫び申し上げます。
 早速、ドライブレコーダーの映像により当該乗務員はご乗車しようとしているお客様の存在に気づかないまま発車している映像を確認いたしました。
 私ども長崎県営バスでは一人でも多くのお客様にご乗車していただくため、バス停での確実停車、行先案内の徹底、発車時の再確認等、常日頃より指導、教育を行っているところですが、このような乗務員がいるということは私ども指導する者の指導力不足であることと痛感し重ねてお詫び申し上げます。
 早速、当該乗務員においては改善のための厳しい個別指導を実施いたしました。
 なお、今回の件を参考に全乗務員に対しても再発防止のための指導、教育の強化を図ってまいります。
 今後とも、皆様に愛され親しまれる県営バスを目指して努力してまいりますので、どうぞ、これまで同様ご利用いただきますようお願いいたします。

目次へもどる

 

  大村駅からの空港行きバス等について 

意見・提案
内容等   

   30年ぶりに長崎に行き、ハウステンボスに行きましたが、快速電車が1時間に1本なのに、大村駅からの空港バスが連携していませんでしたので、連携してほしいです。

 受付日:2018年5月8日[県外 40代]  

県の回答 【回答課:交通局運輸課】 
  この度は、長崎までお越しいただきまして、誠にありがとうございます。
 ご意見をいただきました件につきまして回答申し上げます。
 大村駅から長崎空港までのバスについて、当該路線は諫早市から長崎空港間を結んでおりますが、空港との連絡バスとしてだけではなく、諫早・大村両市の生活路線としての役割を主として運行しております。
長崎市や佐世保市などの主要都市やハウステンボスと長崎空港の間は、私ども長崎県交通局や民間事業者がバスにより直接結ぶことで、長崎へ来られるお客様のアクセスを確保しております。
 この度は貴重なご意見をいただき誠にありがとうございました。今後とも長崎県営バスをよろしくお願い申し上げます。

目次へもどる

 

 

  バス停での乗車取り扱いについて

意見・提案
内容等   

  長崎に住んでいる息子が別府北浜発の長崎県営バスに、親が購入した携帯乗車券の写メを見せて乗車しようとしたところ、だめと言われ慌てて親が携帯を開いて見せました。
 往復券で長崎からの往路では何事もなく乗れたのに、復路はなぜだめだと言われたのかわかりません。
 代金も払っていますし、写メにもちゃんとすべてが写ってます。
 初めて利用するときに、バス会社に確認して、このやり方で昨年から何度も帰省しています。
 落ち度があるならきちんと説明していただければいいのですが、ムスッとして、持っていたバインダーをバンバン叩いて、すみませんと謝ると舌打ちされました。  

受付日:2018年5月8日[県外 40代] 

県の回答 【回答課:交通局】
 日頃より長崎県営バスをご利用いただき誠にありがとうございます。
 この度は、当該乗務員のバス停での乗車取り扱い中、お客様への不適切な対応により大変不愉快な思いをお掛けしたことに対しまして心よりお詫び申し上げます。
 今回、ご指摘いただいた車両のドライブレコーダーの映像を確認しましたところ、当該乗務員の対応については、接客業としての応対や配慮が出来ておらず、日頃より接客接遇の向上について指導を行っている私共の指導力不足であると痛感し重ねてお詫び申し上げます。
 早速、当該乗務員においては、育成・指導課及び営業所長を通じ、個別指導を行ったところです。
また、○○様からのご意見を真摯に受け止め、全乗務員に対しましても接客、接遇及び、サービス業としての在り方について指導、教育の更なる強化を図ってまいります。
 なお、チケットの写メを息子さんに送信されたということでしたが、本来の携帯乗車券のルールとしては、やはりご購入いただいた乗車券そのものを呈示していただくことになっています。
これは、写メ保存後に払い戻しをするなどの不正を防ぐためのルールでありますので、ご理解をお願いいたします。
 今後とも、皆様に愛され親しまれる県営バスを目指し努力してまいりますので、ご意見、ご指摘を受け賜りますよう、よろしくお願いいたします。 

 目次へもどる  

 

 

 

 九州新幹線西九州ルートの全線フル規格化について 

意見・提案
内容等
 新幹線西九州ルートの全線フル規格化を求めるために、佐賀県の譲歩を引き出すために以下のことを提案・実行されてはいかがでしょうか。
1 並行在来線は全区間JRの運営となるようにする。その際、いわゆる「上下分離方式」などJRの経営負担を軽くする策も取る。
2 並行在来線のうち、鳥栖から諫早間には短編成の快速列車を高頻度に走らせることで、新幹線駅から外れる自治体・主要駅の救済を図る。
3 並行在来線の駅も、佐賀県・JRと協力し、乗客が見込めそうな位置に移設および新設を図る。
4 新幹線建設費用の負担割合など、整備新幹線の制度的な問題点を改善するような話し合いをJR・国と佐賀県で行なうこと。そして、現行の制度の下でも、長崎県が新幹線建設費用負担をより多く負担し、佐賀県の費用負担を軽減できるような融通策が取れないかを検討すること。
 兵庫県・岡山県・鳥取県をまたがる「智頭急行」という鉄道を建設する際、恩恵を受ける度合いの大きい鳥取県がより多くの費用を出資したと聞いています。この話は新幹線西九州ルートにおいても参考になるのではないでしょうか.

 受付日:2018年4月23日[県外 30代]

県の回答 【回答課:新幹線・総合交通対策課】
 このたびは、県へのご意見をいただきありがとうございます。
 九州新幹線西九州ルートについては、国等において整備方策に係る議論がなされており、4月下旬の与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム「九州新幹線(西九州ルート)検討委員会」(以下、与党PT検討委員会)のヒアリングでは、県として、既存のインフラを最大限活用でき、西九州地域の発展に最も寄与するフル規格による整備方針を早期に決定していただきたいと申し述べたところです。
併せて、課題である地元負担については、認可に至る経緯を踏まえ、まずは、国において、地方負担の軽減についてご議論をいただきたいと訴えてまいりました。
 また、並行在来線については、整備方策が検討されるなかで、今後、JR九州において検討がなされるものと考えております。
 今後とも、県としましては、与党PT検討委員会における議論の方向性をしっかりと見極めながら、対応する必要があると考えております。
 新幹線の整備促進については、引き続き力を注いでまいりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。 

目次へもどる

 

りんどう号の始発時間について  

意見・提案
内容等
 長崎県交通局と九州産業交通の両社局で運行している「りんどう号」の、長崎の始発が7時40分というのは遅すぎるのではないかと思います。
 休憩時間が延長され、ますますそう感じるようになりました。
 せめて10時台には熊本につくようにしてほしいと思います。

 受付日:2018年4月3日[県内  30代]

県の回答

【回答課:交通局運輸課】 
 いつもご利用いただきありがとうございます。長崎から熊本線「りんどう号」の始発便出発時刻についてのご意見ですが、今後、共同運行会社との協議・検討を進めてまいりたいと思います。
 なお、休憩時間の延長につきましては、運転士の連続勤務の制約上、やむなく実施させていただいており、ご理解いただきますようお願いいたします。
 この度は貴重なご意見を賜り、誠にありがとうございます。今後とも長崎県営バスをよろしくお願い申し上げます。 

目次へもどる

 

   [県へのご意見・ご提案ページへもどる]

このページの掲載元

  • 県民センター
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-894-3441
  • ファクシミリ:095-826-5682
先頭に戻る

メニュー