長崎県

県民のご意見を県政に反映した事例(H30年度)


2019年11月8日更新

 平成30年度(2018年度)にお寄せいただいたご意見やご提案を県の取り組みに反映させた事例を紹介しています。

[県へのご意見・ご提案ページへもどる]

 

  ご意見やご提案の内容 県政への反映状況
1

【長崎港ターミナルについて】
 長崎港ターミナルの案内放送はとてもありがたいが、放送の音声が反響して聞き取れませんでした。また、外国人の姿も見かけたので案内放送を日本語・英語・利用者の多い国の言語でそれぞれアナウンスするととても親切だと思います。 

受付日:2018年4月2日

 案内放送については、各運行会社へお客様が聞き取りやすいようにアナウンスするよう依頼しました。実際に各運行会社も聞き取りやすいアナウンスに努めていただいているところです。
 多言語アナウンスについては、多言語ができる人員の確保が難しく、これまでどおり多言語案内板の設置により対応しているところです。

 【担当所属:長崎港湾漁港事務所】

2

【ヘルプマークの導入について】
 長崎でもヘルプマークを導入すべきだと思います。 

受付日:2018年4月2日

 平成30年6月1日から県障害福祉課、各市町障害福祉担当窓口等でヘルプマーク及びヘルプカードの配布を開始しています。

【担当所属:障害福祉課】

3

 【長崎県営バスについて】 
 息子が大分から長崎に帰る際に、親が携帯で購入したチケットを息子に送信した写メを見せたところ乗務員(運転手)からダメだと言われ、乗務員はムスッとし持っていたバインダーをバンバン叩いていました。

受付日:2018年5月8日

  当該乗務員においては、営業所長等を通じ、個別指導を行ったところであり、全乗務員に対しても接客、接遇及び、サービス業としての在り方について指導、教育の更なる強化を図っていきます。
 なお、本来の携帯乗車券のルールとしては、購入いただいた乗車券そのものを呈示していただくことになっていますので、ご理解をお願いします。

【担当所属:交通局】

4

【県美術館のスタッフについて】
 県美術館で財布の落し物を受付に届けた際、後から落とし主がいたかどうか確認の電話をしましたが、スタッフの対応が良くありませんでした。もっときちんと教育していただきたい。

受付日:2018年5月18日

  いただいたご意見を受け、県としましても、指定管理者に対し、今後は、職員の拾得物に関する対応ルールについて徹底するよう指導するとともに、県民の皆様に心地よく過ごしていただくことの出来る美術館づくりを目指すよう指導しました。 

【担当所属:文化振興課】

5

【バス停での対応について】
 バスに乗車しようとしたところ、すぐにドアを閉められそのまま発進してしまい、乗車することができませんでした。バス停には人が多く人を避けながら乗車しなければならない状況でした。どうして早くドアを閉めて発進しようと判断したのか理解できません。

受付日:2018年7月10日

 ドライブレコーダーの映像により当該乗務員がご乗車しようとしているお客様の存在に気づかないまま発車している映像を確認しました。早速、当該乗務員においては改善のための厳しい個別指導を実施しました。なお、今回の件を参考に全乗務員に対しましても再発防止のための指導、教育の強化を図っていきます。

【担当所属:交通局】

6

【運賃箱に誤って多く投入した場合の対応について】
 県営バスに乗った際、100円硬貨がなかったので、500円硬貨を運賃箱に入れてしまいました。すると、運転手さんはお釣りは出ないを繰り返すだけだったので、後ろに降車するお客もたくさんいたので迷惑かと思い、釣りは要らないと言って降りました。そうした場合、返金もしくはその他何らかの方法で対応することはできないのでしょうか。

受付日:2018年7月23日

 県営バスではお釣りが出ないタイプになっており、今回のような場合については、その場での返金対応を行なうよう指導、教育を行っていますがこれが出来ていませんでした。早速、当該乗務員へは、お客様への対応等、接客、接遇及びサービス業としての在り方について改めて厳しく指導をするとともに、差額運賃の返金をさせていただきたいと考えています。

【担当所属:交通局】

7

 【県美術館内の温度管理について】
 長崎県美術館のガラスばりの廊下やトイレなどの温度は常軌を逸しており、室温は調査されているのでしょうか。展示室は涼しいので、温度差で体調不良者などが出るのではないでしょうか。

受付日:2018年7月25日

 館内の気温については、これまでも適宜、計測を行ってきましたが、2階の渡り通路部とトイレには、通常の全館空調に加え、スポットクーラーや扇風機等の簡易空調機器、ガラス部分に遮光幕を設置することなど可能な限り気温上昇の抑制を図ってきました。
 今後、簡易空調機器等の更なる増設を行い、空調能力の増強についても検討していきたいと考えています。
 また、温度差で体調不良者が出ないよう、今後も必要な対策を行っていきます。

【担当所属:文化振興課】

8

【県庁駐車場料金精算後の場内混雑による料金発生について】
 花火鑑賞のため、県庁駐車場を利用しましたが、駐車場内が混雑しており、出口まで時間がかかり、事前精算していたが再度料金を請求されました。これでは事前清算の意味がありません。駐車場内混雑のときの再度課金の是非について再考をお願いします。

                                                            受付日:2018年7月30日

  早速、事前清算機へ無料時間の案内の掲示を行いました。また、今後の混雑時の対応についても、出庫ゲートを常時開放し、警備員が駐車券を手回収することで、短時間にて出庫できるようにしました。 

【担当所属:管財課】

9

 【新県立図書館について】
 新大村県立図書館では貸し出し返却が大村の新図書館だけになっています。長崎から大村に行くのは大変です。そこで、旧県庁別館または新県庁舎の一部で代行業務ができないものか検討していただきたい。

                                                                         受付日:2018年7月30日

 令和元年10月5日に開館するミライon図書館の蔵書については、今後旧県立図書館跡地に建設予定の県立図書館郷土資料センター(仮称)において、貸出や返却ができるようサテライト機能を持たせることとしています。
 なお、県立図書館郷土資料センター(仮称)の開館までは「なるたき図書館」に県立長崎図書館郷土課を移設し郷土資料の閲覧や貸出等を行う予定としており、「なるたき図書館」にてミライon図書館からの貸出と返却などのサービスもご利用いただけることとしております。

                                                             【担当所属:生涯学習課】

10

【県営バスの運転について】 
 郊外から市内へ向かう道路が渋滞しているなか、後ろからきた長崎県営バスが、左側にある軌道敷内から追い越して3台前の車の間に割り込んできました。しかも、このバスは赤信号で、軌道敷内で信号待ちしていました。一車線の道路で軌道敷内を通って追い抜きをしてもいいのでしょうか。

                                                             受付日:2018年8月20日

 車両搭載のドライブレコーダーの映像を確認したところ、ご指摘通りの映像を確認することができました。
 当該乗務員がとった行動については、道路交通法違反であり、危険な運転であることから、いかなる場合であってもこのようなことがあってはならず、このことを重大な事案として取り上げ、当該乗務員へは、交通法規の遵守等、バス運転士としての基本から厳しく個別指導を行いました。

                                                               【担当所属:交通局】

11

 【長崎県営野球場の鳥の糞について】
 長崎県営野球場の観客席入り口の前の通路に鳥の糞が大量にあり不衛生で、いつも通る度に不快に思っています。天井部にネットを張って鳥が入らないようにすれば、清掃が不要になります。 ネットをつけるまでは定期的に清掃するようにしてほしいです。

                                                            受付日:2018年10月30日

  平成31年3月にネットを設置するとともに、薬品による防鳥対策を行い、鳥の糞が大幅に減少いたしました。

                                                             【担当所属:体育保健課】

12

 【県営バスの運転について】 
 右折での駐車場への進入を待っていたところ、バス側の信号が赤になったので、ちょっと停まってくれれば進入出来るのに、こっちを視認しながらわざわざ入り口を塞いでいました。公共交通機関とはいえ、往来で収益を得ている事業者であり、一般車の通行を妨げない努力があって当たり前のはずが、バスは最優先だといわんばかりでありました。

受付日:2018年11月29日

 今回、ご指摘のバス停付近での乗務員に対しては、ドライブレコーダーの映像を確認しながら、安全走行はもとより、大型車両が他の車両に与える影響等について基本から厳しく個別指導を行いました。
 また、今回のご指摘を教訓に、全乗務員に対しても交通法規の遵守に併せ、運転マナーの向上について再度指導を徹底していきます。 

【担当所属:交通局】

13

【Vファーレン長崎のホームゲームのイベントについて】
  V・ファーレン長崎のホーム戦でサガン鳥栖のホーム戦と時間帯が重なるときには、客足が奪われないか心配です。これらの試合については、少しでも高齢者の観客を増やすために、1960〜80年代に活躍した洋楽アーティスト等をゲストに迎えてはどうでしょうか。

                                                               受付日:2019年2月21日

  ホームゲームイベントの企画・運営は(株)V・ファーレン長崎が実施しており、今回、貴重なご意見として、V・ファーレン長崎の担当者へお伝えしました。 

                                                           【担当所属:スポーツ振興課】

[県へのご意見・ご提案ページへもどる]

このページの掲載元

  • 県民センター
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-894-3441
  • ファクシミリ:095-826-5682
先頭に戻る

メニュー