長崎県

知事への提案[平成30年度 土木]


2019年8月19日更新

 平成30年度(2018年度)にお寄せいただいた「知事への提案」のうち、「土木」に分類されるものを紹介しています。
 ご提案の内容については、趣旨が変わらない範囲で要約することがあります。

[知事への提案ページへもどる]

 

目次

 

 

戦艦大和、武蔵実寸長公園の実現について

意見・提案
内容等
 全長263m実寸での大和、武蔵を体験する事に興味がある人も多いと思いますが、大き過ぎますし、また鉄の建造物となると建設費の面からも実現し難いと思います。
 そこで、263mの船体を船体として考えるのでは無く公園として考え高さ1メールの盛り土で表現し、装備類を樹木.草花で表現する事により大和.武蔵を兵器としてではなく、大地・樹木・草花・水・光・風等で表現した公園として、復活させ、甲板を一周したり、艦橋からの眺めを実感出来たらと思っています。
 やはり、大和と言えば広島、武蔵は長崎ですが、既に広島には大和ミュージアムが有りますので、是非長崎県としてこの大和武蔵実寸長公園の実現を御検討して頂けたら嬉しいです。
この公園は長崎県とって有望な観光資源となると期待出来ます。広島県呉市に在る大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)は、大和の1/10スケールの模型を中心とした施設ですが2005年のオープン後2年間で300万人の来場者が有り、地方都市の博物館にしては類を見ないほど呉市を全国的観光地に一躍押し上げました。
 大和武蔵実寸長公園で有れば、資金的にも認知の面でも十分可能だと思っています。出来ましたら、この案件を、長崎県の施設として、無理な場合でも関連する団体や他の地域、ご存知の企業によって実現していだだけたらとても嬉しいです。

 受付日:2019年3月19日 [県外 60代]

県の回答

 【回答課:道路維持課】
 ご提案いただきました「大和武蔵実寸長公園の実現」について回答いたします。
 都市公園は休養、慰楽、運動等を目的として利用される公共施設であり、長崎県には、県立の都市公園5箇所の他、市町の管理施設を含めて1190箇所、約1423ha(平成30年3月末現在)の都市公園が設置されています。
 このうち、県立の都市公園は、芝生広場や遊戯施設、運動場、トイレ、駐車場等の公園施設を配置するなど都市公園法に基づく整備を進めてきており、平成29年度に全て完了していることから、今後新たな整備の予定はございません。それぞれの公園において求められる機能があり必要な規模を整備しております。
既存公園を改修して今回のご要望のような施設を配置することは、上記のことから困難であると考えます。市町が管理する公園についても、管理者の判断によりますが、慎重な検討が必要と考えます。
 本県としましては、今後も魅力ある都市公園の維持管理に努めてまいる所存ですので、ご理解いただきますようお願いいたします。
 ※県立の都市公園…県立総合運動公園、西海橋公園、百花台公園、平戸公園、田平公園

目次へもどる

 

長崎駅前へのモニュメント設置について

意見・提案
内容等

 九州新幹線西九州ルートの開通を機に、長崎駅前広場に長崎が誇る文化財産を鑑賞してもらえるようコッコデショ、龍踊やオランダ船のモニュメントを設置しては、いかがでしょうか。
 多くの人に喜んでもらえる長崎県を目指して、後世に残る財産を創設されるようお願いします。

受付日:2018年11月9日 [県内 60代] 

県の回答

 【回答課:都市政策課】
 ご提案の「長崎駅前へのモニュメント設置」についてですが、現在、長崎駅周辺では、県による在来線の高架化事業や、国による新幹線整備事業、長崎市による土地区画整理事業を行っており、長崎の新しい陸の玄関口にふさわしいまちづくりを進めております。
新しい駅前広場は、長崎駅を訪れる観光客にとって長崎のシンボルになるとともに、イベントや駅利用者にとっての待ち合わせ場所等、賑わいの場として大いに活用されることが期待されます。
 新しい駅前広場については、現在、長崎市において設計を行っておりますので、今回ご提案いただきましたご意見について、長崎市の担当部局へお伝えいたします。
 

目次へもどる

 

県内交通網及び県道の落ち葉について

意見・提案
内容等

 長崎県内の交通は不便です。佐世保と福岡間のJRの特急は一時間に1本で長崎と福岡間は2本です。離島へのフェリーは1日2本で2時間半も乗船しないといけません。
 列車やフェリーの便数を増やさないと人口が減少します。
 佐世保市の国際通りの枯葉、落ち葉が数年もそのままで掃除がされていません。
 県には清掃する予算がないのでしょうか。見回り、巡視はしないのでしょうか。

                                                              受付日:2018年10月26日 [不明 不明]

県の回答

 【回答課:道路維持課】

 この度は、「佐世保市内の国際通り、自衛隊総監部、米軍宿泊施設周辺の歩道の枯葉・落葉」に関するご意見をお寄せいただいきましたが、指摘を頂いた区間のうち、国際通りと自衛隊総監部周辺については、県が管理する道路です。
 この区間は、週に2-3回の道路パトロールや、台風等の異常気象時の異常時パトロールなどを実施しており、落葉などの異常が確認された場合は、その都度対応を行っています。
 今年度も、既に10回程落葉の清掃や除草等を行っていますが、指摘を受けて、10月29日に現地を確認し、清掃を行いました。
 落葉の時期など、皆様が満足いく対応が十分に出来ていない状況もありますが、これからも適切な維持管理に努めてまいりますので、理解いただきますようお願いします。
 なお、その他の道路については、佐世保市が管理する市道ですので、佐世保市にもこのご意見を伝えました。

目次へもどる

 

五島福江空港について

意見・提案
内容等

 五島出身で、大阪に住んでいます。
 福江空港は悪天候になると雨風が強く霧が深く、長崎や福岡からの乗客とそれを待っている人達は、飛行機が着陸できるかどうかそれぞれに心配します。私も96歳の母が待っており、着陸してほしいと願っています。
 悪天候の中でも飛行機が離発着できる空港を目指してほしいです。
 飛行機の運賃が以前に比べると安くなり、大阪から五島への行き来がしやすくなったことは感謝しています。 

                                                              受付日:2018年6月19日 [県外 60代]

県の回答

 【回答課:港湾課】

 福江空港は、地理的条件により濃霧や雷雨、強風などの発生が多く、航空機の運航に対して気象条件の厳しい空港となっています。
 県においても、平成20年には、悪天候時の欠航便や遅延便を減らすため、滑走路南側のみに設置されていた航空機着陸援助無線設備(ローカライザー)を滑走路北側にも増設しました。福江空港は、国内において、双方向のローカライザーを配備している数少ない空港のひとつとなっています。
 また、平成24年からは老朽化した空港照明施設等の更新事業に取り組むなど、福江空港の施設機能の向上に努めてきました。
 今後も空港施設の適切な維持管理に努め、利用者の皆様の信頼性を高めていきたいと思いますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

目次へもどる

長田バイパス側道法面の除草について

意見・提案
内容等

 県道207号長田バイパス側道の法面の除草がもう何年もなされず、歩道の白線も見えないほど雑草が繁茂しています。
 また、空き缶やペットボトルの投棄も見られます。  

受付日:2018年6月25日 [県内 70代以上]

県の回答

【回答課:道路維持課】

 国道207号長田バイパス本線法面までは県管理ですが、側道は諫早市が管理しています。これまで、除草の要望や苦情等もなく、供用以降、除草は行っておりません。
 しかし、ご提案のとおり白線が見えない状況では、交通安全の面から適切ではありませんので、今後、諫早市と協議を行い、除草の必要がある優先度の高い箇所から実施していきたいと考えています。
 また、ごみ対策については、利用者のマナーの問題が大きく、どのような対応が出来るのか、諫早市などと協議を行いますので、ご理解いただきますようお願いします。 

目次へもどる

 

[知事への提案ページへもどる]

このページの掲載元

  • 県民センター
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-894-3441
  • ファクシミリ:095-826-5682
先頭に戻る

メニュー