長崎県

SaturdayChatBox平成31年2月9日(土曜日)


2019年2月12日更新

放送日

平成31年2月9日(土曜日)12時から12時30分

テーマ

 地域防災の要!消防団に入ろう!

出演者

松浦市消防団長 志水正信(しみず まさのぶ)

松浦市消防団女性消防隊 濱本幸子(はまもと さちこ)

ポイント

松浦市消防団員の日ごろの活動内容ややりがいを紹介

内容

松浦市消防団の概要

  • 市町村合併により、平成18年1月新生松浦市消防団誕生
  • 平成28年4月から機能別消防団員制度を導入
  • 平成28年5月から女性消防隊を発足
  •  全国的に消防団員のサリーマン化が進み、団員数減少傾向にある中、松浦市消防団は一定程度の増加が認められたことから、平成30年12月「総務大臣感謝状」を授与。
  • 現在は分団数26分団、団員894名
  • 平成31年4月から、実動員の確保の面から分団の統合を行い23分団として消防体制の充実を図る

松浦市消防団女性消防隊の紹介

  • 消防団に入団したきっかけ

全国各地で予想もつかないほどの災害が起こるたびに、自分たちの身は自分たちで守らないといけないと考えるようになっていたころ、地域の消防団の方から誘いを受けたのがきっかけ。何かの役に立てればと思い入団を決意。制服に一目惚れし、カッコいい制服が着たいという思いもあった。

  • 入団して良かったこと

女性消防隊の雰囲気が良く、新たな経験や出会いがあり楽しく活動できること

  • 活動内容
  1. 火災予防運動週間における防火パレード時の広報活動(保育所等の訪問)
  2. 消防本部消防救急フェスタにおける応急手当指導及び広報活動 
  3. 出初式参加(司会その他分列行進など)
  4. 水軍祭りにおける武者行列時の広報幕による広報活動

松浦市消防団の団員確保対策

  • 機能別団員制度の導入について

団員のサリーマン化により昼間に地元にいる団員が少ない。有事に際して活動する団員の確保を目的として、退職消防団員(元消防職員)を中心に加入を依頼。平成30年12月現在で55名。

  • 地元高校で消防団の活動紹介の講演会を実施
  • 地元に残る若者への勧誘も継続して実施

問い合わせ

県の消防保安室 電話 095-895-2146

最後にリスナーに一言

「自らのまちは、自らで守る!」を合言葉に、自発的義勇の精神で、皆さんも私たちと一緒に活動してみませんか。

このページの掲載元

  • 広報課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2021
  • ファクシミリ:095-828-7665
先頭に戻る

メニュー