長崎県

浄化槽設置届出等の事務手続きの変更について


2018年11月9日更新

長崎県(長崎市及び佐世保市を除く)における浄化槽設置届出等の提出方法が平成31年4月1日から以下のとおり変更されますので、お知らせします。 

変更年月日

平成31年4月1日

主な変更点

現行では、浄化槽設置届等の届出を行う場合、一般財団法人長崎県浄化槽協会等の予備審査を経て、県立保健所又は特定行政庁若しくは指定確認検査機関(以下、保健所等という。)へ提出することとなっていますが、設置者の負担軽減の観点から、平成30年度末に当該協会等での予備審査を廃止し、平成31年4月1日から直接保健所等に届出等を提出するようになります。

  1. 浄化槽協会等における予備審査(受付)の廃止
  2. 届出等の提出部数の増加
  3. 「工事完了報告書」と「使用開始報告書」の集約化

詳細については、浄化槽設置届出等に係る事務手続きの変更について[PDFファイル/346KB] をご参照ください。

変更の対象となる届出等

  1. 浄化槽設置届
  2. 浄化槽変更届
  3. 浄化槽工事完了報告
  4. 浄化槽使用開始報告
  5. 浄化槽技術管理者変更報告
  6. 浄化槽管理者変更報告
  7. 浄化槽使用廃止届
  8. 浄化槽届出事項変更届
  9. 浄化槽取り下げ届
  10. 浄化槽使用休止及び使用再開届

その他留意事項

  1. 平成31年3月31日までに浄化槽協会等で受付された届出等は、変更前と同様に処理を行います。
  2. 新様式については、平成31年1月頃に長崎県庁ホームページで掲載予定ですが、平成31年3月31日までに届出等を行う場合は旧様式を使用してください。
  3. 長崎市及び佐世保市における届出等については、各市担当課へご確認ください。

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー