長崎県

SDGsについて

sdgs

SDGsとは

 持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

長崎県におけるSDGsの位置づけ

 SDGsの「持続可能で、誰一人取り残さない」社会の実現という理念は、本県がこれまで進めてきた各取組と方向性は重なるものであり、新たな施策を進めていくうえでも重要な観点であります。環境、教育、経済、まちづくりなどの幅広い分野において、SDGsの理念を踏まえた取組を推進することで、県民が安心して暮らせる持続可能なまちづくりと地域活性化を実現してきます。

<実現を目指す5つの将来像>

交流でにぎわう

長崎県

 2つの世界遺産をはじめとした多様な地域資源により、国内外から注目され、九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)などの高速交通ネットワークを利用して、多くの観光客が訪れる中、経済成長が著しいアジア諸国をはじめとした国際社会の活力も取り込み、にぎわう長崎県を目指します。


※主な目標を記載しております。

地域のみんなが

支えあう長崎県

 本格的な人口減少、少子化・高齢化社会を迎える中、地域に暮らす県民一人ひとりが、自助、共助、公助により互いに支えあいながら、いつまでも健康で、様々な分野でそれぞれの役割を担い、ライフステージに応じて活躍できる長崎県を目指します。


※主な目標を記載しております。

次代を担う『人財』

豊かな長崎県

 結婚・妊娠・出産・子育ての希望が実現できる社会の中で生まれた子どもたちが、変化の激しいグローバル化社会を生き抜くための確かな学力と豊かな人間性を身に付け、未来の長崎県の様々な分野で地域を支える人材に育つとともに、優秀な人材を求めて県外企業が進出してくる『人財』豊かな長崎県を目指します。


※主な目標を記載しております。

力強い産業を

創造する長崎県

 海洋資源などの強みを活かして、新たな産業が育ち、生産性の向上の取組などにより、県内企業全体の競争力が強化されるとともに、豊かな自然の恵みを活かした農林水産業の収益性が向上するなど、様々な産業で所得が向上し、良質な雇用の場が創出され、若者が定着する長崎県を目指します。

 
※主な目標を記載しております。

安心快適な暮らし

広がる長崎県

 交流の基盤となる九州新幹線西九州ルートをはじめとした交通ネットワークなどの社会基盤が整備されるとともに、安全・安心で快適な生活環境が確立した長崎県を目指します。


※主な目標を記載しております。

 

主な取組

 

 

 

 

 

 

このページの掲載元

  • 政策企画課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3-1
  • 電話:095-895-2031
  • ファクシミリ:095-895-2540
先頭に戻る

メニュー