長崎県

無人航空機を利用した空中散布等

平成27年12月10日の航空法の一部改正に伴い、産業用無人ヘリコプターやドローン等の無人航空機を利用して農薬や肥料などの空中散布等を行う場合は、国土交通省の許可・承認が必要となりました。

国土交通大臣の許可が必要な場合

対象となる無人航空機

飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満のものを除く)。
いわゆるドローン(マルチローター式小型無人機)、ラジコン機、農薬散布用無人ヘリコプター等が該当します。

国土交通大臣の許可が必要な場合

  • 空港等の周辺での飛行
  • 地表又は水面から150m以上の高さでの飛行
  • 国勢調査の結果による人口集中地区の上空での飛行

国土交通大臣の承認が必要な場合

  • 夜間(日没から日の出まで)の飛行
  • 目視で無人航空機とその周囲を常時監視できない飛行
  • 人又は物件との間が30m未満となる飛行(物件には、車・倉庫・電柱等を含む)
  • イベント上空での飛行
  • 危険物の輸送を伴う飛行(危険物には、農薬・肥料を含む)
  • 物の投下を伴う飛行(物には水も含む)

詳しくは、国土交通省のホームページをご確認ください。

無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール(国土交通省ホームページ)

(国土交通省からのお知らせ)無人航空機の安全な飛行に向けて(リーフレット)[PDFファイル/842KB]

(国土交通省からのお知らせ)無人航空機の飛行ルールについて(ポスター)[PDFファイル/491KB]

 空中散布に係る実施計画、実績及び事故情報の県への報告について

農林水産省では、無人ヘリコプター及び無人マルチローター(ドローン)による農薬の空中散布を行う者が、安全かつ適正な農薬使用を行うために参考にできるガイドラインを無人ヘリコプター及び無人マルチローターそれぞれについて制定しています。

ガイドラインでは、無人ヘリコプターの実施主体に対して、空中散布に係る実施計画、実績及び事故情報の報告について県を経由して報告するよう定めています。一方、無人マルチローター(ドローン)では事故情報は県を経由して報告するとしているものの、実施計画及び実績の報告は必要としておりません。

しかしながら、長崎県では、事故発生時に早急に対応するとともに、空中散布の実施によるみつばちへの被害を防止する必要があることから、無人マルチローター(ドローン)においても無人ヘリコプターと同様に実施計画及び実績の県への報告についてご協力をお願いします。

報告にあたっては、「長崎県無人航空機による空中散布の報告要領について」をご参照をください。

詳しくは、長崎県農業経営課又は最寄の振興局農業企画課(農業振興普及課)にお尋ねください。

 

無⼈ヘリコプターによる農薬の空中散布に係る安全ガイドライン[PDFファイル/791KB]

無⼈マルチローターによる農薬の空中散布に係る安全ガイドライン[PDFファイル/739KB]

長崎県無人航空機による空中散布の報告要領について[PDFファイル/195KB]

外部リンク

農林水産省ホームページ(無人航空機に関する情報)

農薬インデックス(無人航空機用登録農薬一覧)

このページの掲載元

  • 農業経営課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2931
  • ファクシミリ:095-895-2591
先頭に戻る

メニュー