長崎県

主要農作物種子制度

長崎県では、「主要農作物種子法」廃止後も、これまでどおり稲・麦類・大豆の種子の生産と供給を続けてまいります。

主要農作物種子法(昭和27年法第131号)が平成30年4月に廃止されましたが、長崎県では、その内容を引き継いだ「長崎県主要農作物種子制度基本要綱」を制定(平成30年4月施行)しております。

長崎県では、優良な種子を安価で安定的に供給していくことは、県の重要な責務であることから、必要な予算の確保に努め、要綱に基づき、種子法廃止以前と同様に、県内に適した稲・麦類・大豆の優良な品種(奨励品種)の選定と優良種子の生産と供給に取り組むこととしています。

種子の安定供給に必要な予算については、国の地方交付税を活用するなどして、種子法廃止以前と同様の水準を維持しています。

●種子生産の取組に関するパンフレット[PDFファイル/94KB]

●種子制度 よくある質問[PDFファイル/339KB]

【県が実施する主な事務】

  • 自県内で普及すべき優良な品種(奨励品種)の選定
  • 種子生産計画の策定
  • 種子生産ほ場において優良種子の生産に必要となる原種及び原原種の生産
  • 種子生産ほ場の指定
  • 種子審査(種子生産ほ場での審査、生産された種子の発芽率の良否等の審査)

 【県の要綱等】 

【主要農作物種子法関係】

このページの掲載元

  • 農産園芸課
  • 住所:長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2941
  • ファクシミリ:095-895-2592
先頭に戻る

メニュー