長崎県

セーフティネット住宅の登録手数料が下がりました


2018年10月12日更新

住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅の登録制度について

空き家等を活用した住宅確保要配慮者に対する住宅セーフティネット機能の強化を図ることを目的に、平成29年10月に新たな住宅セーフティネット制度が創設され、住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録制度等が始まりました。

平成30年7月に、申請書類の簡素化等を行うことで、登録住宅を増やすことを目的として、国の規則が改正され、それに伴い登録手数料の見直しを行いました。

※住宅確保要配慮者:高齢者、低額所得者、子育て世帯、障害者、被災者等の住宅確保に特に配慮を要する者

新たな住宅セーフティネット制度について(国土交通省) (新しいウィンドウで開きます)

 

登録手続きについて

賃貸人は、面積や構造、設備等について一定の基準を満たす住宅を、住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅として、県に登録することができます(長崎市、佐世保市内の住宅を除く)。

登録手続き等については、こちらをご覧ください。(新しいウィンドウで開きます)

 

登録手数料

登録戸数
(戸)
手数料(変更後)
(円)
  手数料(変更前)
(円)
1 600 8,000
2から4 600 9,000
5から9 700 10,000
10から19 800 11,000
20から29 800 12,000
30から39 800 13,000
40から49 900 14,000
50から99 1,000 15,000
100 1,300 ←  16,000

※共同居住型住宅(シェアハウス)の場合「戸」は「室」とします。

このページの掲載元

  • 住宅課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号 行政棟6階
  • 電話:095-894-3101
  • ファクシミリ:095-894-3464
先頭に戻る

メニュー