令和3年度雲仙岳火山防災協議会を開催しました

このページを印刷する

令和3年度雲仙岳火山防災協議会を以下のとおり開催いたしました。

1.協議会の概要

 開催日  令和4年2月25日(金曜日) 14時00分から16時00分まで

 開催方法 テレビ会議によるオンライン開催

 参加機関 出席者名簿[PDFファイル/129KB]

 次第

  1.開会あいさつ

  2.雲仙岳の火山活動状況

    (1)雲仙岳の火山活動状況について

    (2)雲仙・普賢岳溶岩ドーム観測について

  3.報告

   (1)平成新山溶岩ドーム崩壊危険度判定分科会報告

   (2)令和3年度重点取組事項の推進状況報告

  4.議題

   (1)雲仙岳の警戒区域設定に係る調整

   (2)活動火山対策特別措置法に基づく議題

     ア 雲仙岳火山防災計画の修正について

     イ 雲仙岳登山道防災マップの見直しについて

  5.その他

  6.閉会

2.配布資料

会議次第[PDFファイル/57KB]

資料1ー1 雲仙岳の火山活動状況[PDFファイル/2MB]

資料1ー2 雲仙・普賢岳溶岩ドーム観測について[PDFファイル/1MB]

資料2ー1 平成新山溶岩ドーム崩壊危険度判定分科会報告[PDFファイル/97KB]

資料2ー2 令和3年度重点取組事項の推進状況[PDFファイル/329KB]

資料3ー1 雲仙岳警戒区域設定図(R4.2.25現在) [PDFファイル/251KB]

資料3ー2 第76次警戒区域の調整案 [PDFファイル/63KB]

資料4ー1 雲仙岳火山防災計画の修正案について [PDFファイル/109KB]

資料4ー2 雲仙岳火山防災計画(新旧対照表)[PDFファイル/1MB]

資料4ー3 雲仙岳火山防災計画(修正案)[PDFファイル/2MB]

資料5  雲仙岳登山道防災マップの見直しについて[PDFファイル/1MB]

3.協議会の結果(要旨)

 ・雲仙岳警戒区域の調整については、協議会の意見を以下のとおりとする。

 現在の警戒区域について、区域の変更を行わずに設定期限を1年間延長し、令和5年3月31日正午までとする。

 ただし、火山活動の状況等によってはこの措置を変更することもある。

 ・島原市の避難促進施設の追加指定や噴火警戒レベルのキーワード変更等、主な修正事項を雲仙岳火山防災計画へ反映する。(資料4‐1を参照)

 ・雲仙岳登山道防災マップの見直しすることについて、協議会での異議はなし。

このページの掲載元

  • 危機管理課
  • 郵便番号 850-8570 
    長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2143
  • ファックス番号 095-821-9202