長崎県

災害医療体制

長崎県の災害医療体制

長崎県では、大規模災害発生時(風水害、地震、その他災害)の迅速な医療提供のための体制整備を行っています。

災害拠点病院の整備

災害拠点病院とは、1.災害時に多発する重篤救急患者の救命医療を行うための高度の診療機能、2.被災地からのとりあえずの重症傷病者の受入機能、3.DMAT(災害派遣医療チーム)の派遣・受入機能、4.傷病者等の受入及び搬出を行う広域搬送への対応機能、5.地域の医療機関への応急用資器材の貸出し機能を有する病院で、上記を満たす「地域災害拠点病院」、さらにそれらの機能を強化し、災害医療に関して都道府県の中心的な役割を果たす「基幹災害拠点病院」があります。

長崎県では平成8年度に、「基幹災害拠点病院」を2箇所、「地域災害拠点病院」を二次医療圏毎に1箇所の計11病院を指定し、その後、平成23年度、平成26年度、令和元年度に「地域災害拠点病院」を1箇所ずつ追加し、現在14病院を指定しています。

DMAT(災害派遣医療チーム)の整備

DMATとは、災害の急性期(発災から概ね48時間以内)に災害現場で救命処置等に対応できる機動性を備え、専門的なトレーニングを受けた、医師1名・看護師2名・調整員1名の計4名を基本単位とした医療チームのことをいいます。

長崎県では上記の災害拠点病院に1病院を加えた15病院を長崎DMAT指定病院として指定しており、隊員は国で行われる日本DMAT養成研修の受講により養成しています。

災害拠点病院、DMAT指定病院一覧[PDFファイル/37KB]

EMIS(広域災害救急医療情報システム)

EMISとは、災害時に医療機関が被災状況や患者の受入可能数等の必要な情報を入力し、その情報を関係機関が共有することで迅速かつ適切な医療・救護活動を実施することを目的としたシステムです。

EMIS(広域災害救急医療情報システム)

ログインに必要な機関コード・パスワードが不明な場合は、県医療政策課までお問い合わせください。また、未登録の機関において、登録を希望する場合は、下記登録票を提出してください。

登録票[Excelファイル/36KB]

このページの掲載元

  • 医療政策課
  • 住所:長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-824-1111
  • ファクシミリ:095-895-2573
先頭に戻る

メニュー