長崎県

長崎県統計指導者講習会


2019年8月12日更新

教育の現場において、統計、データ分析に関連する分野は、学習指導要領の改訂、アクティブ・ラーニングの推進等による環境変化の中で、今後注目を集めるものの一つとなっています。

長崎県では、児童・生徒が、学びの場で統計やデータに関する力(自ら考え、調べ、表現する)を育むことを目指し、指導を担う教育関係者向けに、実践的な指導方法や授業づくりについて考える講習会を平成30年から開催しています。

開催概要

主催:長崎県、総務省
日時:令和元年7月23日(火曜日) 13時30分から16時
会場:長崎県庁1階協働エリア(長崎市尾上町3-1)
対象:小・中・高校の教職員、その他教育関係者等

プログラム

1.基調講義「これからの統計教育、何を目指し、どう取組めばよいのか」
 講師:宮崎大学教育学部 藤井 良宜 学部長

2.意見交換会「学習指導要領と統計学習」
 進行役:対馬市立厳原中学校 作元 浩二 教頭

当日の様子

 講師:宮崎大学教育学部 藤井 良宜 学部長

宮崎大学藤井学部長

基調講演

意見交換会

意見交換会

講演資料

講演資料[PDFファイル/1MB

このページの掲載元

  • 統計課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号 行政棟6階
  • 電話:095-895-2222
  • ファクシミリ:095-895-2565
先頭に戻る

メニュー