急傾斜地崩壊対策事業

 対馬は、急峻で平地に乏しい地形から、海と山や斜面に挟まれたら限られた平地に形成されている集落が多いため、全島において775箇所の急傾斜地崩壊危険箇所が存在しています。

 地質的にも浸食に弱く毎年のように洪水時に崖崩れが発生しているので、家屋被害を未然に防ぎ、安全な暮らしを確保するために、急傾斜地崩壊対策事業を実施しています。

寺ノ前地区急傾斜地崩壊対策工事 

  • 事業期間:平成18年度~平成28年度(予定)

  • 事業概要:L=515.0m

 

 

 

三根俵炭地区急傾斜地崩壊対策工事

  • 事業期間:平成20年度~平成30年度(予定)

  • 事業概要:L=495.0m

 

 

ミシラキ(1)地区急傾斜地崩壊対策工事

  • 事業期間:平成21年度~平成27年度(予定)

  • 事業概要:L=204.0m

 

このページの掲載元

  • 対馬振興局 河港課
  • 〒817-8520 対馬市厳原町宮谷224
  • 電話番号 河川防災班:0920-52-5810(直通) 港湾漁港班:0920-52-2961(直通)
  • ファックス番号 河川防災班:0920-52-7027 港湾漁港班:0920-52-7027