令和4年度県立長崎図書館郷土資料センター企画展示4 対馬市ゆかりの資料

このページを印刷する
担当課 県立長崎図書館郷土課
担当者名 山口保彦、田川正明
電話番号 直通:095-826-5257
内線:3983

目的

郷土資料センターの企画展示としては4回目。今年3月に開館した当センターでは、県内各市町立図書館の協力を得ながら、当該市町にゆかりのある郷土資料を展示して、該当地域の資料について周知につとめます。その2回目として、対馬市ゆかりの資料を展示します。

なお、展示期間中に関連講座として、佐伯弘次九州大学名誉教授(専門:日本中世史)による講座を実施します。

企画展

日時

令和4年12月6日(火曜日)から令和5年2月26日(日曜日)まで(当センター開館日の10時から18時)

場所

長崎県立長崎図書館郷土資料センター 展示スペースおよび集会研修室

関連講座

日時

令和5年2月4日(土曜日)13時30分から15時

場所

長崎県立長崎図書館郷土資料センター集会研修室

内容・特色資料

対馬市立つしま図書館、対馬博物館、長崎県対馬歴史研究センター、半井桃水館(NPO法人対馬郷宿)、対馬海上保安部、交隣舎出版企画などの協力により、生原稿・刊本資料や写真・ポスターなどを借用して展示、および動画の上映を行います。特に半井桃水館(NPO法人対馬郷宿)からは全面的に資料を提供していただき、半井桃水(1861年から1926年)の代表作『胡砂吹く風』の初版本、新聞連載小説のスクラップ、日露戦争従軍記者としての桃水の記名記事が掲載された明治38年の大阪朝日新聞など、対馬島外では初公開となる資料もあります。詳細は、添付資料を参照ください。

●R4企画展4 対馬市関連展示概要配布資料[PDFファイル/755KB]

出張半井桃水館展チラシ2211302[PDFファイル/2MB]