議長・副議長

議長挨拶

瀬川 光之

 

◆ 第66代議長 ◆
瀬川 光之
(西海市選挙区)


○昭和37年3月3日生
○平成17年2月 行財政改革等特別委員会副委員長
○平成19年5月 厚生環境委員会副委員長
○平成20年2月 総務委員会委員長
○平成21年2月 文教厚生委員会委員長
○平成27年5月 議会運営委員会委員長

 このたび、多くの議員のご推挙をいただき、長崎県議会第66代議長に選出いただきました。
 本県では、人口の転出超過が続き、人口減少対策が県政の最重要課題となっております。
 若い世代の県内定着に向けた取り組みや、県外からの移住対策、また、県民の皆さんが、希望どおりに結婚、妊娠・出産し、安心して子育てができる社会の実現に向けた取り組みの強化も必要であります。
 また、このほかにも、九州新幹線西九州ルートの着実な整備推進、IRの導入実現、石木ダム建設の問題など、多くの課題を抱えております。
 これら山積する我が県の諸課題に対し、県民の県議会に対する願いは大きなものがあり、県議会の役割は、極めて重要であると存じております。
 私は、地方議員として30年、活動をさせていただいてまいりました。
 日々、私は、「国を支えて国を頼らず」、その言葉を胸に刻みながら活動をしてまいりました。
 改めて、県民の皆様方の目線に立ち、寄り添い、県民の負託にこたえられるような県議会であることを切に願っております。
 未熟者ではありますが、どうか、県民の皆様方のご指導をお願い申し上げます。

 

  令和元年5月13日  長崎県議会議長  瀬川 光之

トップページへ戻る